Caffè Latte

日々を徒然に

スポンサーリンク

都内でインターンに行ってきた話

スポンサーリンク

都内でインターンに行ってきた話

大学の夏休みをまるまる使って色々なインターンに行ってきました

行ったのは

です。

インターンについては、いろんな人が書いてるので、僕は書きません。

色々思うことがあったので、忘れないようにまとめておきます。

なんでインターンに行ったのか

  • インターンに行った先輩方をたくさん見て来たから
  • 強くなりたかった(技術的に)
    • 現場の技術を知れる、実際のプロに教えてもらえる環境にある
  • 漠然と行った方がいいと思っていた
    • 自分の価値を体感できるから、とても良い
  • 出稼ぎをしたかった
    • 新しいPCを買いたかったのでお金が欲しかった

ざっと書くとこんな感じです。

もっと成長するために、会津以外の世界を知りたいなってところが主でした。

どうだったのか

  • 最高の体験でした(よくあるやつ)
  • 知らないことをたくさん知れた
    • 技術的にも、仕事ってこういうことをやるんだ的なことも
  • 課題がたくさん見つかった
    • 他の人が読んだり、何かに強く影響するコードは綺麗に、ちゃんと書かなきゃいけないな的なこととか
    • 人に質問する技術が足りてなかったり
    • 知らない技術(k8s, 分散DB, cd)を身につけないとついていけないなと思った。
  • 自分がこのまま就活とかして、就職するとどうなるのかってのがだいたいわかった

って感じですね。

知らない世界を知れました(そりゃそう)

影響を受けたもの

  • (主にTreasureで一緒のチームだったガッツ氏の影響) VimとMD600で開発しててすごく良さそうに思えたので、Vimをちゃんと使い始めた、キーボードを買った(今度どこかで紹介する)

// TODO

// 忘れたので後で書く

就職について

  • 何も考えたくない(大嘘)
  • 大学院行くかどうかちゃんと考えなきゃなと思った
  • そろそろ募集始まったりして色々あるよね

どこか雇ってください

インターンに行くことを考えてる人に

  • Web系に興味ある人は、多少知識をつけておかないと辛いです
  • Web系はキラキラしてるように見えるけど、自分のやりたいことをやるのが一番いいと思う。
  • Web系の企業を目指している人はインターンに行くといろんな現実が知れて良いです

今後

色々頑張ります。

スポンサーリンク