Caffè Latte

日々を徒然に

スポンサーリンク

AWSCLIでLambdaのログをみる方法

個人メモ

aws logコマンドを使う

ロググループを確認

aws logs describe-log-groups --output text --query "logGroups[*].logGroupName"

ログの一覧を確認

aws logs describe-log-streams --log-group-name /aws/lambda/ロググループ

ログの中身を取得

aws logs get-log-events --log-group-name /aws/lambda/ロググループ --log-stream-name 'ログの名前'

所感 ちゃんとログを吐くように書いておいたほうがいい

VScodeにて謎の制御文字が入力されるときの対処法

状況

Markdownを書いていて、謎の制御文字が入力される。 Markdownプレビュー上では問題ないが、GithubにPushすると文字化けする。

解決方法

ユーザー設定に以下を追加

"editor.renderControlCharacters": true,

原因は

元々はChroniumのバグらしい まだVScodeが対応してないので解決していないっぽい

[wip] Visual Studio Code の日本語問題まとめ

やる気がないときの飯

やる気がないときの飯

自分用にまとめておく

最近はありがたいことに美味しいご飯にありつけているので、忘れないうちに昔の生き方をまとめておく
ほら、人類は過去に学んだことを記録して発展してきたからね
コンセプトはできるだけ安く、最低限の栄養を確保して生き延びる
できるだけ美味しいものが食べたいが、調理スキルがアレなので簡単に調理できるものメインです。

マイハウスでTKGはやばそうなのでパス(そもそも食べない)

必要最低限アイテム

  • 炊飯器(ジャパニーズなら必須)
  • 電子レンジ
  • トースター
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫(あると貯蓄のクオリティが上がる)
  • 紙コップ
  • 紙皿
  • 割り箸
  • ラップ(クレラップが良い)
  • やる気

定期実行が必要

  • 買い出し
  • 冷凍ご飯の錬成
  • 自宅へ帰る
  • 飯を食う

買っとくべきもの

とりあえず揃えとくべき

  • 安いソーセージたくさん
  • 納豆
  • 無洗米
  • 野菜ジュース(一番と言っていいほど重要)
  • カップ麺

多少余裕があって、QoLが気になってきたときに買うもの

  • 玉ねぎ
  • マヨネーズ
  • きのこ(どの種がどうだったか覚えていない)
  • 冷凍餃子
  • カット野菜
  • アルミホイル

QoL爆上げしたいとき

  • ビール
  • ビール

神になったとき

  • 日本酒
  • ピザ
  • 寿司

レシピ

今すぐ飯が食いたい

  • お湯温めてカップ麺
  • 冷凍ご飯を電子レンジでチン、それと同時にソーセージもチン
  • 冷凍ご飯をチン、納豆ご飯

10分ぐらい頑張る元気があるとき

  • 卵焼きを焼いて、ご飯
  • ご飯を炊いて、ほかほかご飯に納豆
  • アルミホイルの上に、切った玉ねぎを散らし、その上に鮭、きのこをのせ、マヨネーズ(味噌マヨができると良い)を乗せて5分くらい様子を見ながらトースターでやく
  • 鶏ハム作ろ

頑張れるとき

ダメなとき

  • 寝よう

雑記

楽にできる激ウマ料理あったら教えてください
その際にはさも自分が発見したかのようにツイートします
最近QoLを上げる方法探してるので、その辺詳しい方DMください

GolangでEchoサーバーを作った

Echoサーバーとは

きたレスポンスをそのまま返すサーバー

サーバー実装

package main

import (
    "io"
    "net"
    "log"
)

func main() {
    url := "localhost"
    port := "8888"

    listener, err := net.Listen("tcp", url + ":" + port )
    if err != nil {
        panic(err)
    }
    log.Println("Server start at ",  url + ":" + port )
    for {
        conn, err := listener.Accept()
        if err != nil {
            panic(err)
        }
        go func() {
            defer conn.Close()
            echo(conn)
        }()
    }
}

func echo(conn net.Conn) {
    messageBuf := make([]byte, 256)
    for {
        messageLength, err := conn.Read(messageBuf)
        if err != nil {
            if err == io.EOF {
                break
            }
            panic(err)
        }
        if messageLength == 0 {
            break
        }
        log.Println("Requeset ", string(messageBuf))
        _, err = conn.Write(messageBuf)
        if err != nil {
            panic(err)
        }
        log.Println("Responce ", string(messageBuf))
    }
}

クライアント実装

package main

import (
    "net"
    "os"
    "bufio"
    "log"
)

func main(){
    url := "localhost"
    port := "8888"
    conn, err := net.Dial("tcp", url + ":" + port)
    if err != nil{
        panic(err)
    }
    defer conn.Close()

    log.Println("Connected to server")
    stream := bufio.NewScanner(os.Stdin)
    for stream.Scan() {
        if stream.Err() != nil {
            log.Println(stream.Err())
            break
        }
        text := stream.Text()
        _, err := conn.Write([]byte(text))
        if err != nil {
            panic(err)
        }
        messageBuf := make([]byte, 256)
        n, err := conn.Read(messageBuf)
        if err != nil{
            panic(err)
        }
        log.Println("Server : ", string(messageBuf[:n]))
    }
}

使い方

Run Server

command

go run server/main.go

Run Client

command

go run client/main.go

リポジトリ

github.com

作った感想

某所でEchoサーバーくらい書いたことあるよねと言われたから作ってみた

Golangの仕様を追えてないので、クライアント作る方が大変だった

ServerlessError: Missing required key ‘Bucket’ in paramsの対処法

ServerlessError: Missing required key ‘Bucket’ in paramsの対処法

まず疑うべきもの

  • S3 Bucket数が上限に達しているか
  • 権限があるか

解決策

S3 Bucketの上限が達してるなら、上限を引き上げる
権限がないなら権限を付与

AWS Cloud Conosole上から該当スタックを削除

再デプロイ

解決

環境

  • serverless 1.26.1
  • Mac OSX 10.13.3

そもそもの原因

今回自分の環境で起きた原因は
S3 Bucket数が上限に達しているか、もしくはS3:CreateStackの権限がないだった

原因

デプロイ時に生成されるCloudFomationのスタック(認識があってるか怪しい)が壊れるため、Bucket数を調整しても解決しない

自分でスタックを削除できない場合

サービス名変えてデプロイし直しましょう

追記

Serverless Frameworkでremoveの前にS3 Bucketの中身を空にするpluginを作った - Qiita バケットがからじゃない際に、AWS Cloud Console上から削除できない時があ流らしい
serverless-s3-removerというプラグインを導入して、

serverless.ymlに以下を追記

custom:
  bucket-name: my-bucket
  remover:
    bucket:
      - remove-bucket-1

sls remove

を行うことで削除できる。

参考リンク

https://github.com/serverless/serverless/issues/2341

会津の紹介をするブログを作った

サイト

loveaizu.com

経緯

授業の一環

内容

会津のいいとこ紹介や、会津大の生活情報を開示していきたい

Twitterの感情分析をしてみた

注意

APIを叩いてるだけ、そこから学術的な何かをやっているわけではない お遊び

経緯

ひつまぶし

ソース

github.com

知見

リクエストが1日100件ってのがつらすぎて、完成したんだけど試せていない

どうでもいいけど

ツイッターだけじゃなくリアルでもイキる人ってのが結構いるんだなと思った ある程度知名度や権力みたいなのがある人がイキリ始めると辛い

スポンサーリンク